閑話休題 (←前のページに戻るボタンです)

● トトトの歌

「トトトの歌」という曲のことについて少し書いてみたいと思います.

「トトトの歌」というのは,この MIDI のような曲です.「トトトの歌」という曲名はご存知なくても,曲は聴いたことがあるという方も多いのではないかと思います.(MIDI を再生できる環境でない場合は,MP3 バージョンをお聴きください.)
chopsticks.mid
私も,曲自体は随分前から知っていましたが,それが「トトトの歌」という名前であることを知ったのは「猫ふんじゃった」のことを調べ始めてからです.

「四方山話」では「猫ふんじゃった」(蚤のワルツ)のことを色々書いていますが,「猫ふんじゃった」のことを調べていると,この「トトトの歌」が色々なところで関わってきます.
「蚤のワルツ」の「追記」で,「猫ふんじゃった」のデンマークでの呼び名とされている“Prinsesse Toben”が実は「トトトの歌」だったことを書きました.その他にも,たとえば「猫ふんじゃった」のフランスでの呼び名についても「トトトの歌」が関係していたりします.

日本では,「『猫ふんじゃった』はフランスでは『カツレツ』と呼ばれている.それは,弾くときの様子がフォークとナイフでカツレツを切る動作に似ているから.」というようなことが,まことしやかに書いてある本や Web ページがあります.
「まことしやかに」と書いたのは,私はその話は多分誤りだと考えているからなのですが,しかし,それが誤りであると決めつけるだけの充分な客観的証拠を,残念ながら今のところ私は持っていません.
なので,このことについてはここではこれ以上書きませんが,そのような話が広まった原因にも「トトトの歌」が関係していると私は考えています.

そのように,「猫ふんじゃった」のことを調べていると必然的に,「トトトの歌」についても色々調べることになりました.
ここでは「猫ふんじゃった」のことはちょっと置いておいて,「トトトの歌」のことを書きます.

「トトトの歌」は原題を“The Celebrated Chop Waltz”と言います.“Arthur de Lulli”によって作曲され,1877年にイギリスで出版されたものだそうです.ただし,“Arthur de Lulli”はペンネームで,本名は“Euphemia Allen”と言うそうです.この曲は英語では通称“Chopsticks”と呼ばれています.
英語では「猫ふんじゃった」も“Chopsticks”と呼ばれていますが,“Chopsticks”と言えば(少なくともアメリカでは)「猫ふんじゃった」よりも「トトトの歌」のことを指している場合の方が多いようです.

「トトトの歌」という題名は,作家・作詞家の阪田寛夫さんが付けたもののようです.阪田さんはこの曲に次のような歌詞を付けていますので,曲名もたぶん阪田さんが付けたものではないかと思います.
トトト トトト トトト トテモ
すごい すごい にわとりだ
トトト トトト トトト トテモ
たまご たまご うむよ
     :

日本放送出版協会 「NHK みんなのうた 第5集」より引用
「トトトの歌」はピアノの初心者がよく弾く簡単な曲です.日本では,初心者が弾くピアノ曲と言えば「猫ふんじゃった」がその筆頭だと思いますが,アメリカではどうも「トトトの歌」が定番のようです.アメリカの映画やテレビ番組で,ピアノを習っていないような人がピアノを弾くシーンがあると,「トトトの歌」を弾くことが多いようです.

アメリカの映画/テレビ番組で「トトトの歌」を弾くシーンが出てくるものをいくつかご紹介します.
日本で「猫ふんじゃった」が出てくる映画/テレビ番組を挙げたら切りがないだろうと思いますが,それと同じように,アメリカで「トトトの歌」が出てくる映画/テレビ番組を探すと,多分切りがなくなるのではないでしょうか.


我等の生涯の最良の年(原題: The Best Years of Our Lives)
ホーマー(ハロルド・ラッセル)とブッチ(ホーギー・カーマイケル)が連弾します.
七年目の浮気(原題: The Seven Year Itch)
リチャード(トム・イーウェル)と美女(マリリン・モンロー)が連弾します.
愛情物語(原題: The Eddy Duchin Story)
第二次大戦中,戦地の壊れた建物の中にあったピアノで,エディ(タイロン・パワー)が少年と連弾します.
ビッグ(原題: Big)
おもちゃ屋にある大きな鍵盤(人が上に乗ると音が出る)で,ジョッシュ(トム・ハンクス)がおもちゃ会社の社長(ロバート・ロギア)と連弾します.
(最初に「ハート アンド ソウル」を弾き,その後「トトトの歌」を弾きます.)
蝋人形の館(原題: House of Wax)
蝋人形館にあったピアノでウェイド(ジャレッド・パダレッキ)が弾きます.
マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(原題: Mr. Magorium's Wonder Emporium)
モリー(ナタリー・ポートマン)が作曲に行き詰まって,「トトトの歌」をちょっとだけ弾きます.
ミュータント・タートルズ(原題: Teenage Mutant Ninja Turtles)(2014年版)
まるで猫が箸(chopsticks)でキーボードを弾いているかのような映像がビデオ モニタに映り,バックに「トトトの歌」が流れます.
セサミ ストリート(原題: Sesame Street)
テレビ番組「セサミ ストリート」で Two-headed monster(双頭のモンスター)が弾いています(1 匹だけど連弾?).
刑事コロンボ(原題: Columbo)
テレビ番組「刑事コロンボ」の「黒のエチュード」(原題: Etude in Black)という作品で,コロンボ(ピーター・フォーク)がコンサート会場で容疑者を待っている間に暇つぶし(?)に弾いています.

逆に,アメリカの映画/テレビ番組で,「猫ふんじゃった」を弾くシーンがあるものをご存知の方がいらっしゃいましたら,教えていただけると嬉しいです.

追記

日本では,なぜか「トトトの歌」と「ハート アンド ソウル」を混同している方がいらっしゃるようなので,「ハート アンド ソウル」について少し書いておきます.
「ハート アンド ソウル」は,このような曲です.
Heart and Soul/Hoagy Carmichael
Jasmine Records 「My Reverie」より引用
heart_and_soul.mp3 (30秒,352 KB)
“Hoagy Carmichael”によって作曲されたもので,最初に演奏されたのは 1938年のようです.
アメリカでは,この MIDI のような簡単なアレンジにして,ピアノの初心者がよく弾くようです.(MIDI を再生できる環境でない場合は,MP3 バージョンをお聴きください.)
heart_and_soul.mid
“Chopsticks”という呼び名は,人差し指だけで弾けるような簡単なピアノ曲の総称のようです.「ハート アンド ソウル」も“Chopsticks”と呼ばれることがあるので,もしかすると,それが混同の原因かも知れません.

追記

アメリカの“Office Ninja”というテレビ ドラマで「猫ふんじゃった」が使われているのが見つかりました.弾いているシーンがあるのではなく,エンディングのテーマとして「猫ふんじゃった」の歌が使われています.
ただし,歌っているのは“Laurel Sanders”という方ですが,歌詞は日本語です.阪田寛夫さん作詞のものです.(「猫ふんじゃった」の日本語の歌詞としては,たぶん一番ポピュラーなものだと思います.)
Neko Funjatta/作曲者不詳(Laurel Sanders 編曲),阪田寛夫 作詞
Two Tribes 制作 テレビ ドラマ「Office Ninja」より引用
neko_funjatta.mp3 (20秒,470 KB)