ルーレット 使い方
戻る


「スタート」をクリックするとルーレットが回転を始めます.
スタートすると「スタート」ボタンの表示が「ストップ」に変わります.「ストップ」をクリックするとルーレットが次第に減速し,停止します.

選択肢は,最初はサンプルの選択肢「カツ丼/カレーライス/ラーメン/ハンバーガー」になっていますが,自分の好きなものに変更できます.
選択肢はファイルで用意しておき,「選択肢」をクリックしてそのファイルを選びます.ファイルの形式はテキスト ファイルで,1 行につきひとつの選択肢を書きます.


カツ丼(改行)
カレーライス(改行)
ラーメン(改行)
ハンバーガー(改行)
文字コードは Shift_JIS です.改行コードは LF(16進でコード 0A),CR(16進でコード 0D),CR+LF(16進でコード 0D,0A)の何れかです.

「分割なし」/「2分割」/「3分割」で,選択肢の分割の仕方を指定します.
「分割なし」を選ぶと,各選択肢がルーレットの盤上にひとつずつ配置されます.「2分割」,「3分割」を選ぶと,ひとつの選択肢が 2つまたは 3つの領域に分割して配置されます.
分割なし
分割なしの例

2 分割
2 分割の例
盤の分割数は最大 12 に制限しています.したがって,使用できる選択肢の数の最大は,選択肢の分割が「分割なし」のとき 12,「2分割」のとき 6,「3分割」のとき 4 になります.
選択肢のファイルにこの数を超えた選択肢がある場合,余分な選択肢は無視されます.